青森の赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」が難しい?品種ダウンロード




青森県の赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」。

元祖ぷよぷよは、1991年10月25日に
徳間書店インターメディアから発売された
落ちものパズルゲームです。

ぷよぷよシリーズに
ブロックとして登場する
スライムタイプのモンスターの名前がぷよぷよです。

ゲームのルールは子供も楽しめるように
簡単や難しめなどのモードを選ぶことが出来ます。

今回は、どうして
赤リンゴ版ぷよぷよが難しい
と言われているのかについて調査しました。

赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」の難しさ・登場する品種

青森ぷよぷよ1まずは難しいと話題になっている
赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」に登場する
品種を紹介していきたいと思います。

この赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」は、
青森県が青森りんごの知名度を高めようと
11月23日のゲームの日にパズルゲーム「ぷよぷよ」の
県産リンゴ版「ぷよりんご」をツイッターで公開しました。

大手ゲームメーカーのセガとのコラボとなっています。

最大8品種のリンゴが登場するそうです。

難しさは品種のせい?!

8品種出てくるようで、
青森県民でもリンゴの見分け方が難しいとのこと…。

消していく作業がとても困難
ということで難しいと話題とになっていたのです。

8品種は、

  1. ふじ
  2. 世界一
  3. ピンクむつ
  4. ジョナゴールド
  5. 千雪
  6. 紅玉
  7. 北斗
  8. サンふじ

となっています。

全て知っている品種でしたか?

あえて赤リンゴだけで作ったゲーム
ということで、さすがになかなか区別がつきにくい…。

似ているからと重ねてはみたもの、
減らないからすぐゲームオーバーになった
と嘆いているユーザーも。

スポンサードリンク

難易度は子供から大人まで楽しめるようにと
「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3段階になっています。

リンゴの品種の出現数は、

  • 「やさしい」が4品種なので①~④
  • 「ふつう」が5品種なので①~⑤
  • 「むずかしい」が8品種なので①~⑧

が出現するとなっています。

まずはやさしいモードから
という方もいらっしゃると思いますが、
どれくらい難しいのかあえて
むずかしいモードでゲームをされる猛者が意外にも多いです。

一度試しにゲームしてみてはいかがでしょうか?

また、11月27日には、
「青リンゴ版ぷよぷよ」も出ました。

こちらもぜひトライを…!笑

赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」のダウンロード方法

青森ぷよぷよ2赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」は、
ダウンロードはできません。

この赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」は
ツイッターで公開されています。

ぷよりんご
青森りんごを品種別に積んで消す、青森りんごパズルゲーム!

ダウンロードは出来ませんが
ツイッター上で無料で遊ぶことができます。

青森県が県のPRのために作ったゲームということもあり、
PRするにはツイッターが有力ということで
ゲームを公開するとすぐ拡散されて検索の上位になったそうです。

また、11月27日に公開された青リンゴ版ぷよぷよも
難しいと話題になっているので、青と赤で遊び比べてみてください。

もうそろそろですが、
プレイ写真やプレイ動画をTwitterでツイートすると、
リンゴの詰め合わせのプレゼントキャンペーンもやってます。

チェックしてみてください。

まとめ

今回は、赤リンゴ版ぷよぷよ「ぷよりんご」について紹介してきました。

リンゴの品種が出てくるので
リンゴについて理解が深まったり
ゲームを攻略するために品種の特徴を調べる方もいらっしゃいました。

遊びとPRが融合していて、おもしろいですね。笑

タイトルとURLをコピーしました