藤井将棋(藤井聡太)の強さの理由はどこに?飽くなき追及と探求…。




将棋界のエース…誕生!

2021年11月12日から13日まで、ドラゴンキングトーナメント第7ラウンドの第4ラウンドで、藤井将棋の三冠(王位、叡王、棋聖)が豊島正幸(31)を122手で破りました。

同じシリーズで4-0ストレートでドラゴンキングを獲得。
その結果、最年少の4冠を19年3ヶ月で記録し、羽生(51歳)の22年9ヶ月の記録を更新しました。

彼は史上初の「少年フォーチャンピオンシップ」となり、ドラゴンキングを含む4つのタイトルを保持することで、将棋プレーヤーの中でナンバーワンのプレーヤーとなり、最高のプレーヤーになりました。

とまらぬ上昇を続ける藤井プロ。
なぜそこまで強いのか、その理由を熱く考察していきます。

藤井プロの能力と実力

彼のプロデビューから5年以上が経ちました。
棋士の才能ある将棋選手が、ついに将棋選手として1位を獲得。

今年、ジ・チェンと王位を守って、イギリス王の将棋界で最高のタイトルであるドラゴンキングバトルの第7ゲームに勝ちました。豊島との3回目のチャンピオンシップバトルも必然と考えられていたが、終了すると4連勝の結果となりました。

今年の第15ラウンドでは、トリプルチャンピオンの藤井と豊島の試合が豊島のスタートから始まりました。

徹底的に研究した戦闘の種類のせいか、初日の朝の動きは非常に速く、昼休みまで64段目まで進まず、できるだけ早く中盤に入る。午後、両陣営は厳しい状況下で長い間戦った。延期前は9手しか行われず、74手目は藤井聡太が封印し、初日も同じ状況で終了した。

プロの世界とは

夜明け2日目、リズムをマスターし始めたのは藤井。
頭を使って戦闘にうまく反応したとき、攻撃の番になったときに豊島を攻撃した。

激しい攻撃でリードは徐々に拡大したが、最終段階で一時的に逆転し、激しい戦いとなった。
それでも、残り10分足らずでしたが、それでもタフな攻撃を止めることができなかったので、また振り返りました。

息苦しいゲームを選びました。
シリーズを通して、有名な研究者である豊島は、早い段階で対等な立場にあり、前にもこの問題について言及しました。

中期では、徐々に距離を広げ、均等にマッチしたパワーゲームに参加しました。
研究と先例から離れて、彼は勝利を見ました。間違いなくゲームの終わりに勝ちます。

わずか19歳で、このシリーズの4連勝でも強さの差はありません。

藤井の胸の内

試合後、トリプルクラウンチャンピオンの藤井は「試合の途中で難しいと思うので指摘している。持っていないが、最高のタイトルなので光栄だし、それにマッチする能力を開発したい。また、将棋選手の中で1位にランクインしたい」と語った。

「今学期は成果を上げているが、内容に問題が多いので、その分野を改善したい。」

4冠の偉業

最年少の4つの王冠の偉業は、成熟した「藤井時代」の到来を告げるものです。
竜王を含む4つの栄冠で渡辺(棋王、王将、37歳)を上回り、将棋のトッププレーヤーとなりました。

今年は8人のチャンピオンが国の半分を占め、トッププレーヤーとしか対戦しません。
勝率は80%を超えており、一定のギャップがあります。

ゲーム自体の内容は非常に激しいですが、表示されている数字だけを見ると、通称「19回目」と呼ばれる豊島との3回のチャンピオンシップバトルも王位(4勝1敗))とイングランド王戦争(2勝2敗)、ドラゴンキングゲーム(4勝0敗)、トータル11勝3敗。

6つのチャンピオンシップバトルすべてに成功しました。
次のALSOKカップ王者戦争でリーグチャレンジを決定する挑戦者の権利を勝ち取ることができれば、5つの王冠への期待は大幅に高まります。

スポンサードリンク

これまでの足道

2016年10月、14歳2ヶ月で4段に昇格。
デビューから約5年が経ち、話題となっている。

彼は少し落ち着きがなかったが、周りから大きな壁にぶつかると言われているものすべてを突破し、頂上まで走った。

1996年に羽生九段が7回目の優勝を独占してから25年。
当時、天才プレイヤーの時代に似た藤井「竜王」が誕生し始めていましたが、今後もファンにどのような世界を見せていくでしょうか?

飽くなき追及と探求

将棋をより強力にするためには、いくら成果を上げても、探求を続けていかなければなりません。

このアイデアにより、2人の天才が同じような言葉を使うようになりました。
11月12日から13日まで、ドラゴンキング対ドラゴンキングの第7ラウンドの第4ラウンドで優勝した藤井聡(王位、叡王、棋聖、19歳)は、史上最年少の4つの王冠を獲得しました。

試合後の記者会見で、彼は謙虚に別の成功を収めることを誓った。
将棋伝説の羽生善治9段(51)は、竜王戦が19年3ヶ月の新記録を樹立するまで記録を保持した。
このドラゴンキングの戦いで、彼は前例のない7つの永遠の王冠を獲得しました。

「将棋がわからない」という言葉

この時、記者会見で残された言葉は、羽生が最初に語った言葉と非常に似ていました。

「将棋がわからない」という言葉です。

19歳で竜王の最優秀タイトルを獲得した藤井竜王は、誕生の瞬間、4冠を獲得し、将棋選手のトップに立った。記者会見で「将棋ってなに?」という質問に答えた。

藤井将棋の深さは、どのように考えても理解できないほど深いですが、指摘するたびに、確かに新しい発見がもたらされると思います。

そして4年前の2017年12月、竜王を獲得し、永遠の七冠を獲得した羽生九段は、彼の将来の目標について尋ねられ、次のように答えました。

羽生九段「もちろん、私たちの目標は記録を樹立することですが、どうやってそれを達成するかを尋ねられた将棋自体についてはよく知っていますが、実際にはまだほとんど知らないのです。」

19歳の藤井達夫は80%以上の圧倒的な勝率で強者を打ち負かし、初のプロ棋士となり、羽生9段は99回目の優勝をはじめ、数々の大記録を打ち立てました。

将棋界の王冠は7つ

7つの永遠の王冠。
将棋は強く、知っている二人は「わからない」と言います。

近年、将棋ソフトの開発により、人がアクセスできないエリアが輝き始めています。
彼らは皆、研究を深めるためにソフトウェアを使用しています。

それにもかかわらず、まだ全体像や本質を理解していません。
理解していないので、その発見を通してより強くなることができるので、探検は永遠に続きます。
これが、天才と呼ばれる二人が将棋に魅了された理由かもしれません。

まとめ

【まだまだこれから続きます…】

2人は数日前に開催されたALSOKカップキングスバトルのチャレンジャー決定リーグで対戦し、今年のプレステージアワードの候補として知られる熱い戦いを開始しました。

未知のものとの一連の出会いがあるステーションは、両方にとってエキサイティングなはずです。
このポジションを楽しむために、研究を続け、再びまな板に座ります。

才能のあるプレーヤーの人生はそのような繰り返しです。
このようにして、将棋は進化し続けるのです。

タイトルとURLをコピーしました