石垣島の天気、観光、ツアー、お土産、グルメなど




国内で手軽に行けるリゾート地として人気の沖縄県。
しかし沖縄県は県庁所在地である「那覇」市を有する本土のみでなく他にも魅力たっぷりな島々から構成されている県です。そんな中でも沖縄県「石垣市」は沖縄県南部の八重山諸島に属する石垣島にある市です。石垣島は沖縄本島よりも温暖で、透明度の高い海が自慢の観光地です。温暖な気候からオリンピックやプロスポーツ選手の合宿地として有名な場所でもありますね。

石垣島の天気が気になる!特徴は?

旅行にお出かけする際に気になるのは「お天気」ですよね。石垣島は海に囲まれた離島ですの飛行機に乗って行かなければならない土地柄、気軽に移動できるものでもありませんし、行くならお天気に恵まれたいですよね。石垣島に限らず沖縄県では「天気予報は当てにならない。」と言われています。もしも、天気予報を見ていくのなら、地域の特性も踏まえて、今日明日、3時間、1時間と部分ごとに天気予報(https://tenki.jp/forecast/10/50/9410/47207/)をチェックしていくのが吉でしょう。

ちなみに、「天気予報は当てにならない。」と言われる理由は2つあり、1つ目に「海に囲まれた島には雲が発生しやすい。」そして2つ目は「沖縄が位置する亜熱帯気候が更に雲を作る要因になる。」が挙げられます。つまりは日本列島本土よりも雲が発生しやすく、急な雨が発生しやすいのです。このことから天気予報で「晴れ」とあっても雨が降ることは十分にありえます。

ただし沖縄では雨が降る頻度は多いのですが、晴れている時間の方が多いのです。海外で言われる「スコール」と呼ばれるような「強い雨がザーっと短時間で降り、その後はすぐに晴れる」といった現象が多いです。大切な旅行で石垣島を訪れる方は「梅雨」と「冬」を除けば一日中雨が降り続くようなお天気にはなりにくいと言えます。

石垣島を観光したい。外せない名所は?

石垣島には絶対に外せない観光名所が存在します。沖縄県の離島にはどこも美しい海に囲まれていますが、石垣島の「川平湾(かびらわん)」は別格の美しさを誇る砂浜を有する場所、石垣島で一番の観光名所と言われています。

遊泳は禁止されていますが白い砂浜とエメラルドグリーンの海との美しいコントラストは見る人全てを魅了します。湾内には熱帯魚や珊瑚が生息していて観光用のグラスボートから海底を鑑賞することも可能です。

石垣島のツアーに参加したい!

ご自身の予算や時間に合わせて自由気ままな旅も楽しいものですが、石垣島でしか味わえないツアー(https://gurutabi.gnavi.co.jp/p/p_1221/)に参加して、旅の思い出をより一層印象深いものにしてみませんか?

スポンサードリンク

日本最南端の夜景と八重山ヒメボタルを鑑賞するツアーは日中の観光ツアーとは違った夜の石垣島の魅力を堪能することができます。蛍鑑賞後には日本初の「星空保護区」に認定された石垣島の綺麗な星空を展望台から眺める時間も設けられていて家族やカップルでの思い出作りにピッタリです。

石垣島のお土産を買いたい。どこで買う?

石垣島ならではのお土産を求めるのであれば「ユーグレナモール」へ行ってみましょう。ここは日本最南端のアーケード商店街で石垣市役所から徒歩5分で行ける距離にあります。アーケード内のメインストリートには大小100軒以上のお店がズラリ。お土産屋さん、雑貨屋さん、カフェも入っているのでぶらぶらと散策するのがお勧めです。

石垣島のグルメを堪能したい。美味しいお店は?

石垣島に滞在する際にはぜひとも地元の郷土料理、地元の人々との交流も楽しみたいものです。「島料理」と呼ばれる地元で食されている物を提供してくれるお店を訪れてみてはいかがですか?

こちらでご紹介するのは「明石食堂」さん。
石垣市中心部より車で30分ほどかかる場所にある小さな集落の中にあるお店ですが、地元では有名なお蕎麦屋さんで予約不可な為、時間によっては並んで待つ必要があるほどの人気店。
人気なのは郷土料理でもある「八重山そば」です。「沖縄そば」とも呼ばれる物ですが八重山諸島で食されているお肉が載った麺料理になります。

■ 明石食堂
【住所】〒907-0332沖縄県石垣市伊原間360
【電話番号】0980-89-2447
【定休日】月・火曜

もう一軒、地元料理が美味しい!と人気の居ざか屋をご紹介します。
その名は「島の食べものや南風」さんです。南風と書いて「ぱいかじ」と呼びます。こちらはとにかく人気で予約必須となります。予約せずに行くとかなりの確率で満席となっていて入店を断られることがあるそう。店内はカウンター・テーブル・小上がり席があり、お一人様からカップル、ファミリーまで幅広く利用可能です。こちらでは地元のお料理と種類豊富なあわ盛や地ビーを楽しむことが出来ますし島豆腐を使った料理やイカ墨チャーハンなど石垣でしか味わえない料理を堪能できます。繁華街に近く中心部からのアクセスも良好です。そしてなにより超超人気店なので石垣行きの飛行機のチケット予約と同時にお店の来店予約を取っちゃいましょう!

■ 島の食べものや南風
【住所】〒907-0022 沖縄県石垣市大川219
【電話】0980-82-6027

タイトルとURLをコピーしました