イタリアの街、旅行、時差、コーヒー、料理、イタリアンなど




海外で人気の渡航先として常に上位にランクインするヨーロッパの国「イタリア」。地中海に面しており国自体がまるで細長い長靴のような形で独特です。そしてファッションやイタリア料理、芸術分野においては独自の文化をも有する美しい街が点在していて他のヨーロッパに負けない魅力を放っている国。それがイタリアなのです。

イタリアの有名な街

イタリアには世界的に有名な街がいくつも存在しています。誰しもが一度は名前を聞いたことがある街として「ローマ」「ミラノ」「ベネチア」「フィレンツェ」そして「ナポリ」などが挙げられます。

教科書や映画で見たことや聞いたことがある街「ローマ」は歴史情緒あふれる街です。有名な言葉に「ローマは一日にして成らず。」などとかつての栄光を物語るものがあります。ヨーロッパのルーツが凝縮されています。「ミラノ」は芸術の街として名高く、世界最先端のファッションもここから発信されています。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」などの歴史的遺産もミラノにあり、何百年もの歴史と共に歩んだ建築物や芸術作品がまるで街そのものが美術館になったかのように点在。歩いているだけでアートな発見が出来る楽しい街です。

「ベネチア」はかつてヴェネツィア共和国していた地域で、別の名を「水の都」と呼ばれ100以上の島々からなる都市です。そして街の存在そのものが文化遺産となっているユネスコ世界遺産に登録されています。「フィレンツェ」は別名「花の都」と呼ばれるほど町全体がまるで美術館のように美しい街です。多くの芸術家がルネッサンス時代に世界的な作品を残しています。「ナポリ」と聞いて多くの日本人は「ナポリタン」や「ナポリピッツァ」を連想するのではないでしょうか?正確には「ナポリタン」は日本発祥の食べ物ですが、ナポリピッツアは本場に行くとたくさんの老舗店が軒を連ねています。

イタリアへ旅行したい!計画はお早めに。

イタリアへ旅行に行こうと考えておられる方は、旅の計画は可能な限り早めに立てましょう。日本からヨーロッパへ向かう場合、イタリアの航空会社アリタリア航空を使った最短コースでも約12時間のフライトとなり、成田より一日二便(別路線)のみとなっているのでチケット確保は早めから動かなければなりません。乗り継ぎ便を利用される方は飛行機の確保は容易になりますがフライトのみで24時間かかってしまう場合がほとんどです。イタリアは世界遺産や美しい都市が点在しているので、できれば3都市くらい回るのが理想です。そのため旅の計画は早めに取り掛かって下さいね。

スポンサードリンク

イタリアと日本の時差はどれくらい?

日本とイタリアの時差は8時間です。日本の方が8時間進んでいて、イタリア本土内においての時差はありません。ただしヨーロッパにはサマータイムが実施されるのが普通なので、渡航時期が夏の場合の時差は7時間なります。そしてこのサマータイムは3月最終日曜~10月の最終土曜日までです。

イタリアといえば、是非味わってほしいのは・・・

イタリアと言えば是非ともバリスタが淹れる本場のイタリアンコーヒーを味わってみて下さい。イタリアではなんと9割以上ものイタリア人が毎日利用する行きつけのバール(イタリア語でカフェの意味)があると言います。

濃いめのコーヒーとして日本でも人気の「エスプレッソ」はイタリア人のコーヒーの飲み方がそのまま世界に広まりました。バールはイタリア全土に点在しその数はなんと16万件以上とも言われており、コーヒーを専門に扱うバリスタも非常にレベルが高いです。日本では味わえないエスプレッソコーヒーを是非ご賞味下さい。

イタリアン料理、実はバラエティに富んでいるんです

イタリアン料理とは一言ではまとめることができないほどバラエティに富んでおり、また地域によって特色が異なる食文化を有しています。イタリア人は家族と食事を共にするのが大好き!そして「マンマ」と呼ばれるお母さんが作る家庭料理が今も昔もイタリアンの起源であり、最も愛される食事なのです。なんだか日本人と似ていますね。地域ごとのイタリアンを食べ比べするのも楽しい発見です。カテゴリーもナポリ料理、トスカーナ料理、シチリア料理、ベネチア料理等々たくさんあります。
世界中のハイレベルなお店が集う東京には本場イタリアで修業を積んだシェフたちのお店も多く出店(http://www.elio.co.jp/restaurant/)されています。

東京でおすすめなイタリアンレストランとして「エリオ ロカンダ」さんはいかがでしょうか?イタリアの4つ星レストランで料理長として経験を積んだイタリア人シェフが提供する料理はどれも美味しく、人情味溢れるイタリア人ウェイトレスの接客、おすすめワインの提供から店内に一歩足を踏み入れるとそこはもうイタリア。非常に人気なレストランなので、時間帯によっては満席で入店できないこともあるそうなので、ここぞ!と言う時の利用時にはぜひとも予約状況を確認してから足を運んでみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました