スポンサーリンク




花粉症の今日、対策、咳、症状、注射など

花粉症、今日の飛散状況は?

日本人の約25%の人が花粉症に苦しんでいるといいます。ご自身が花粉症の人はそろそろ辛くなってくる季節ですが、花粉症ではない人は花粉症に関してはイマイチわからないと思います。簡単に花粉症について紹介しようと思います。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気のことを言います。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因となる花粉が飛ぶ季節にだけ症状があります。日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

そんな多くの日本人を悩ませている花粉症ですが、日本気象協会のホームページを見ると、今日の花粉飛散情報(https://tenki.jp/pollen/)というものが載っています。都道府県別はもちろん市町村の細かい地域まで今日の花粉飛散状況が載っているので、ぜひお出かけのさいは参考にしてみて下さい。

花粉症はつらい。対策は?

春が近づいてくると、花粉症の方には辛い時期になりますね。花粉症の辛さはいろいろありますが、やっぱり確実で根本的な療法が無いということだと思います。

そんな中でも生活していかなくてはいけませんから、日常生活において花粉に触れる機会・量を減らすことが大切ですね。

■ 具体的には以下のような対策が重要になってきます。
〇 マスク・メガネ・帽子を着用する。
〇 表面がスベスベした素材のコートを着用する。
〇 帰宅時に衣服や髪をよく洗ってから部屋に入る。
〇 入室後、すぐにうがい、手洗い、洗顔をする。
〇 窓や戸をなるべく閉めておく。
〇 洗濯ものの外干しは避ける。
〇 機能の高い空気清浄機を使用する。
〇 喫煙をやめる。
〇 偏った食事をやめる。
〇 こまめに部屋の掃除を行う。

以上のような対策で出来るだけ花粉に触れないように生活していきましょう。
また睡眠不足などは症状を悪化させるので、しっかりと休養をとることも心がけましょう。

花粉症、咳が出るけど大丈夫?

花粉症の症状といえば、鼻水や目のかゆみ、目の充血などが思い浮かびます。でもそれもみんながみんなその症状になるわけではありません。人によってはくしゃみや咳などの呼吸器官の症状が出ることもあるのです。この場合は軽い風邪だと思って放置すると症状が悪化する危険性もあるために、病院に行ってみることをおすすめします。

花粉症による咳は、まず鼻の粘膜に花粉が付着すると、ヒスタミンなどの化学伝達物質が分泌されます。これによって神経が刺激されて花粉症の症状が出ます。咳は、そうして鼻の中で起こったアレルギー症状が、神経によって器官に伝わることで起こります。喉の奥がイガイガするような不快感を覚えたり、激しく咳きこんでしまったりします。

対策としては基本的なことになりますが、帰宅後のうがいが効果的です。うがいをしっかりして、口などに取り込んでしまった花粉を体の外に出しましょう。

花粉症の症状は?

多くの日本人が苦しんでいる花粉症。
花粉症でない人にとっては良く分からないことが多いのですが、花粉症になるとどんな症状になるのかを簡単に説明します。

まずは多いパターンなのが、鼻の三大症状です。
〇 くしゃみ・鼻水・・・・・・水溶性の鼻水が止まらない。1日に10~20回以上のくしゃみがでる。
〇 鼻づまり・・・・・・・・・鼻がつまって口呼吸をしないと息苦しい。就寝中に口呼吸になるため、朝方に喉が痛い。
〇 目の症状が出る・・・・・目のかゆみ、充血、涙が止まらない

またそれ以外にも花粉症の症状が出ることがあり、皮膚のかゆみ、咳、下痢っぽくなる、熱っぽくなる・・・などもあります。これらの症状が出てきたら、軽い風邪からと思いこますに病院に行ってみることをおすすめします。

花粉症対策には注射もあり。

花粉症の治療というと、やはり内服薬、目薬、点鼻などが一般的なイメージかと思いますが、実は注射もあります。注射について今回は簡単に説明します。

■ 具体的な注射例
〇 ステロイド注射
「注射一本で症状が出ない」などと言われることもあるのですが、実は多くの副作用があります。体内に長い期間ステロイドが高濃度で残るため、感染症、高血圧、糖尿病などが出現する可能性があります。このため一般的な医療機関ではおすすめされません。

〇 ヒスタグロビン注射
一般的に6回ほど注射をすると1シーズンの間、花粉症の症状が抑えられるといわれています。ただこちらも医師の間で意見が分かれているようです(根本治療になると言う医師もいればならないと言う医師もいます)。

〇 アレルゲン免疫療法
スギのエキスを体の中にいれることにより、スギ花粉に対して異常な免疫反応を起こしてしまう花粉症の状態を正常な免疫機能に戻そうというものです。皮下に注射を行います。

花粉症の注射に関しては医療機関や医師によって意見の異なる部分があるので、ぜひお近くの専門医の意見を聞いてから治療することをおすすめします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする