スポンサーリンク





蕎麦屋のおすすめ、そばのレシピ、つゆの作り方、そばの作り方、カロリーなど

日本の伝統食品である「蕎麦」。その歴史は古く、お寿司や天ぷらと並ぶ日本料理の代表格です。拉麺などに用いられる中華そばとは違った味わいが印象深い蕎麦は、現在では日本だけでなく海外でも人気を博するほどです。
ここではそんなお蕎麦の魅力を追ってみたいと思います。

蕎麦屋といったら、どこがおすすめ?

皆さんが想像するお蕎麦とは一体どんな物でしょうか。
白くて細い蕎麦?それとも黒く太くて香り高い蕎麦でしょうか?

実は「蕎麦」と一口に言っても実に様々な種類の蕎麦が流通していることを皆さんはご存知でしょうか。現代ではコンビニやファミレスなどでも手軽に蕎麦を買って食することができますが、蕎麦屋の基本は未だ多くが個人経営店で独自の配合で作った蕎麦を提供しています。よって蕎麦を「うどん」と呼んで食する地方もあるとか。

日本三大蕎麦と呼ばれる岩手県の「わんこそば」、島根県の「出雲そば」そして長野県の「戸隠そば」が有名処ですが、痩せた土地でも育つ蕎麦は全国で作られ食されています。お住まいの地域でも美味しい蕎麦屋を見つけることは可能です。特に秋に採れたばかりの蕎麦の実で作る「新蕎麦」は一年で最も美味しい蕎麦だと言われていますのでぜひともご賞味くださいね。

※ https://award.tabelog.com/hyakumeiten/2018/soba/japan?pref=gifu#hyakumeiten-rstlst

蕎麦の人気店100店がすぐにわかる「百名店」なんていうのもあります。
気軽に立ち寄れる美味しいお蕎麦屋さんから、完全予約制のお蕎麦屋さんまで…全国の蕎麦店から高い評価を集めるお店が選出されています。デートでお蕎麦屋さん!なんていうのも粋な楽しみ方かもしれません。

そばのレシピ、人気のあるレシピは?

お蕎麦の定番といえば、夏にさっぱり美味しい「笊そば」。冬には一年の終わりに温かい汁でほっこりと頂く「年越し蕎麦(かけ蕎麦)」があります。今日では「引っ越し蕎麦」を配る習慣は薄れてきていますが、蕎麦は乾麺として保存も効く食べ物なので頂き物として大量に貰う機会もあることでしょう。そんな時に笊そばとかけ蕎麦だけではさすがに飽きてしまって食べきるのも一苦労…お蕎麦を一工夫して美味しく頂きましょう。
まず簡単な蕎麦のアレンジとして「薬味」をご紹介します。
ネギ、唐辛子、海苔、わさび、大根おろし、胡麻、生姜、オクラ、とろろ、すだち、レモン、柚子胡椒、味噌、カイワレ大根、雑魚、天かす、食べるラー油。等…

また、いつものお蕎麦料理はちょっと飽きちゃったなーなんて感じることもあるかもしれません。
実は密かに人気のある「お蕎麦を使ったアレンジレシピ」というのをご存知でしょうか?

https://cookpad.com/category/245

仕上がりは「まるでうどん!」なんてレシピや、パスタのイメージが強いアボガドを使って、「まるでパスタ!」なんて蕎麦レシピもあるんです。
意外と気軽にアレンジが出来ちゃうので、挑戦してみるのもいいかもしれません。

そばつゆの作り方、必要な分だけオリジナルで

本格的な蕎麦をご家庭で楽しみたい方は「そばつゆ」を手作りしてみるのも良いですね。市販の麺つゆは瓶詰めされている物が多いですが、意外と使いきれないまま賞味期限が切れしまい廃棄してしまうことはありませんか?ご自分で「蕎麦つゆ」の作り方を習得できれば必要な分だけを美味しく食べることができますし、お財布にも優しくご自身で選んだこだわりの材料を使えば身体にも優しいお汁が出来上がります。

※ http://www.higeta.co.jp/recipe/sobatsuyu/

その他にも、一人暮らし、または忙しい方は「顆粒だし」を使って、とてもお手軽にそばつゆを作ることが出来ます。

お手軽めんつゆ
【材料】
・水 300cc   ・鰹顆粒だし 小さじ1  ・料理聖 小さじ1
・醤油 75cc   ・みりん  75cc   ・砂糖 大さじ1

【作り方】
1.お湯を沸騰させ、顆粒だしを入れ、出汁を準備。
2.醤油、みりん、料理聖、砂糖を入れてもう一度沸騰させる。
  お好みで冷めさせれば完成!

そばの作り方、オリジナル手打ち蕎麦が作れる

スーパーで買える材料で手作り蕎麦を打てたらカッコイイ!ひと昔前の日本では嫁は蕎麦が打てて当たり前だと言われていた地域もあるのだとか。現代は至るところにお蕎麦屋さんが出店していたり、コンビニ・スーパーで出来合いのお蕎麦が売られているため蕎麦打ちを家庭で行うことはすっかり珍しくなりました。

しかし基本的な蕎麦の原料は、そば粉と水。
とてもシンプルで手作りするのも簡単な身近な食品なのです。道具も家庭にある物で十分に代用可能です。難しい工程も少なくお子様もお手伝いできます。打ちたて、茹でたての蕎麦は格別の味。職人さんの本格蕎麦も良いけれど、ご家庭でオリジナルの手打ち蕎麦を楽しく作ってみましょう。

手打ちそばの作り方
【材料】
・そば粉 300g   ・水 150cc   ・打ち粉(片栗粉) 100g

【作り方】
1.そば粉を粉ふるいで振り、ボールに粉を落とします。
2.1の粉に、水を加えて練ります。
  ある程度練りこんだら、更に、空気を抜きながら記事をこねます。
3.2がこねあがったら、円盤になるように広げます。
4.3.打ち粉をしながら生地をのばしていきます。
5.生地を伸ばせたら、包丁でお好みの細さで切っていきます。
6.これで完成です。あとは麺を茹で、つゆと一緒に召し上がってください!

とはいえ、いざ、そばを打とう!といっても、なかなか上手に打てるか不安になることもありますよね。その際には、プロの方が、ご家庭にある道具で実践している蕎麦打ちを参考にするのもいいかと思います。

※ https://www.youtube.com/watch?v=an7RhHJypR8

丁寧に説明しながら、本格的な蕎麦打ちを伝授してくれている方も最近では多いので、一度見てから蕎麦打ちに挑戦するとイメージしやすいかと思いますよ♪

スポンサーリンク


そばのカロリーはどれくらい?

蕎麦のカロリーは一体どのくらいなのでしょうか?中華料理や洋食で活躍する中華麺やパスタなどは小麦粉の他に卵を原料としているものが多いため、麺自体が高カロリーになりがちです。その一方で和食の「うどん」や「そうめん」そして「蕎麦」はあっさりヘルシーでダイエット向きといった印象が強いのではないのでしょうか?一食分を約100gの乾麺とした場合の茹で上がりの重量で、そのカロリーを比較してみましょう。

うどん…200gに対して210kcal
そうめん…270gに対して343kcal
そば…160gに対して211kcal

意外とそうめんのカロリーは高く、うどんと蕎麦においてはほとんど変わりません。
ただし蕎麦には腸の働きを良くしてくれる食物繊維や疲労回復に効果のあるビタミンB1が含まれています。よってカロリーも控えめで且つ栄養も補える蕎麦は非常に優秀な食べ物と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする