スポンサーリンク



アドビフラッシュプレイヤーとは?無料ダウンロード、インストール方法、アップデート、アンインストールなど

アドビ社が開発したブラウザのプラグインであるアドビフラッシュプレイヤーは、フラッシュで作成されたコンテンツを表示する際に使用するソフトウェアです。WEB上での様々な場面で使われているので目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。
こちらでは無料で配布されているダウンロードの仕方やインストールがうまくいかなかった場合の方法をまとめています。

アドビフラッシュプレイヤーとは?

インターネットが普及して以降、さまざまなコンテンツを見たり聞いたりすることで情報を得ることができる便利な世の中になりました。そこで、動画やゲームなどをWEBサイトで利用しようする際『Adobe Flash Player を最近のバージョンにしてください』といったメッセージを見たことはありませんか?

何のことなのかわからずインターネットで検索してはみたものの、なんだか難しそうな単語ばかりでパソコンが苦手な人ならなおさら何のことやら・・・といった感じですよね。まず「アドビ」とは正式名称『Adobe Systems Incorporated』と呼ばれるアメリカにあるソフトウェアメーカーの会社です。「フラッシュプレーヤー」とはフラッシュで作成された音声や動画などのコンテンツを再生するためのソフトの名前です。
世界最大規模のソフトウェア会社であるアドビ社にはたくさんの自社製品があり、先頭には「Adobe」が付いているので、フラッシュ以外にもお目にかかっているかもしれませんね。

アドビフラッシュプレイヤーの無料ダウンロード方法

フラッシュで作成された動画やゲームサイトなど、多くのコンテンツを利用するうえで欠かせないアドビフラッシュプレーヤーは、アドビ社のWEBサイトから無償でダウンロードすることができます。以下の手順で最新版をダウンロードしてインストールしてみましょう。

【ダウンロードの仕方・方法】
①フラッシュプレーヤーのダウンロードページ(https://get.adobe.com/jp/flashplayer/otherversions/)にアクセスする。
②〔オペレーティングシステムを選択〕からOSを選択、〔バージョンを選択〕からブラウザを選択する。
③〔今すぐダウンロード〕を選択する。
④ダウンロードフォルダーよりアドビフラッシュプレーヤーのインストーラーファイルを見つけダブルクリック、インストールを完了します。
⑤ユーザーアカウント制御ダイアログボックスで「はい」または「続行」を選択後、インストーラーが起動し処理が開始→完了したら「完了」をクリックします。

アドビフラッシュプレイヤーのインストール方法

上記の方法でフラッシュのインストールがうまくいかない、またはインストールができない場合は、一度フラッシュをアンインストールし「スタンドアロン」をインストールすることでうまくいく場合があります。

【フラッシュのアンインストールの仕方・方法】
①まずはフラッシュのアンインストールを行うので、すべてのアプリケーションを終了し次のダウンロード(https://www.adobe.com/jp/shockwave/download/alternates/ )にアクセスする。
②お使いのOSの「Flash Player Uninstaller」を選択後、削除するために「uninstaller」をクリック、を実行するため「実行」をクリックする。
③「アンインストール」をクリック、正常にアンインストールされたことのメッセージが出たら「完了」ボタンをクリックします。

【スタンドアロンのインストール方法】
①スタンドアロンをダウンロード(https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cpsid_82697.html)する。
②お使いのブラウザ用のリンクをクリックし、を実行するため「実行」をクリックする。

アドビフラッシュプレイヤーのアップデート

アドビフラッシュプレイヤーでは度々、セキュリティのバリアが弱くなっている『セキュリティの脆弱性(ぜいじゃくせい)』が発見されており、ウイルス感染などセキュリティ上のリスクが懸念されています。

感染するリスクを抑えるための回避策としてはやはりアップデートをしておくこと。脆弱性の修正をするための更新は頻繁にされているので常に最新版にバージョンアップしておきましょう。自動更新の機能が有効になっていればとくに意識しなくても自動でアップデートされるので安心です。

アドビフラッシュプレイヤー のアンインストール

動画などのWEBコンテンツには欠かせない存在だったアドビフラッシュプレイヤーですが、2020年末で更新と提供を終了することをアドビが発表しています。

これはフラッシュの利用が大幅に減ってきているためで、今後は「HTML5」「WebGL」「 WebAssembly」といったフォーマットに移行されます。ですが2020年までサポートすることをアドビ社は発表してますので、セキュリティ対策としてアップデートは定期的に最新バージョンへ更新し、もしフラッシュを利用しない環境であるのならば
フラッシュプレイヤーをアンインストールするか、もしくは無効化にするのをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする