スタンスミスの本革と合皮の見分け方を解説!品番や通販での種類など




あなたは、アディダスのスニーカー、
スタンスミスに本革で作られたものと
合皮で作られたものがあるのはご存じでしょうか。

本革で作られたスタンスミスは、
履いているとあなたの足にフィットして
時間が経つにつれて履き心地がよくなっていきます。

加えて、革の経年変化を楽しめるのも
本革のスタンスミスの魅力の一つとなっています。

そんなスタンスミスの
本革と合皮を見分ける方法として
品番を確認する方法があります。

また、本革のスタンスミスの中でも、
すべて本革で作られたオリジナルと
本革と合皮を合わせて作られた専売品もあります。

ここでは、品番を使った本革の確認方法と
オリジナルと専売品の違いを紹介します。

スタンスミスの本革モノは品番によっても違いがあります!

スタンスミス1
スタンスミスの
本革と合皮の違いを見分けるには、
品番を確認してみましょう。

大まかに品番は、
S品番・CQ品番・D品番・B品番・M品番
などがあります。

この品番が付けられているものは、
本革で作られたスタンスミスとなっています。

品番ごとにも違いがあるそれぞれご紹介します。

  • D品番:2014年から販売されたものでスタンスミスブームを起こした
  • B品番:2015年から販売。樹脂加工されアッパーに光沢感
  • S品番:2016年から販売。サイドにSTAN SMITHの文字が登場。
  • CQ品番:2018年から販売。STAN SMITHの文字あり、ヒールのロゴが同色。
  • M品番:2014年から販売。廉価版モデルでABCマートモデルともいわれる。

スタンスミスは
シンプルなスニーカーで人気のモデルですが、
品番ごとに違いがあり、なかなか奥が深いスニーカーです。

この品番ものは、
新品では手に入らないものなので
メルカリなどで買うことになります。

その際は、販売者さんへ
ぜひ「品番の確認」もやってみてくださいね。

スポンサードリンク

【スタンスミス本革の通販】オリジナルと専売品の2種類ありますよ!

スタンスミス2
本革で作られスタンスミスには、
品番によって違いがありますが、
廉価版であるM品番の専売品と
それ以外のオリジナル
と種類が分けられます。

専売品のスタンスミスは
定価も5,000円前後安く販売されているので、
気軽にファッションに取り入れやすいのが特徴です。

ABCマートによく置かれていたので
ABCマートモデルとも呼ばれています。

専売品のスタンスミスと
オリジナルのスタンスミスの違いは
下の表のようになります。

オリジナル 専売品(廉価版)
価格 約14,000円 約9,000円
素材 本革 本革+合皮
ソール クリーム色 真っ白
サイドのネーム 品番によって異なる なし
シュータン 厚い 薄い

オリジナルと専売品の両方に
本革が使われていますが、
その本革にも違いがあります。

専売品で使われている本革が
一般的な革を使用していて、
オリジナルはガラスレザーが使用されています。

ガラスレザーは、
ガラス板に貼り付けてなめす
手間のかかる手法で作られています。

そのため、滑らかで品質の良い革が出来上がります。

オリジナルのスタンスミスは
高品質なモデルと質が落ちるが
安価で手に入りやすい専売品となっています。

まとめ

本革のスタンスミスは
今欲しくても、正規で購入することができません。

現在、
アディダスで販売中のスタンスミスは、
動物由来の素材を使用しない
サスティナブルな合皮に変更され、
本革のスタンスミスが廃止されました。

なので、入手する方法として可能なのは、

  • メルカリ、ラクマのなどのフリマアプリ
  • 古着屋などの店舗や中古ショップ

が挙げられます。

購入する際には、
品番やソールの色などを確認してみましょう。

本革のスタンスミスに出会えれば、
革にしかない、革の経年変化を楽しめます。

また、あなたの足にフィットしていくので
唯一のスニーカーに変わってくでしょう。

ぜひ、オリジナルのスタンスミスを見つけたら、
手に入れてみてください!

タイトルとURLをコピーしました