FMトランスミッター:最良の周波数設定と雑音を軽減する方法

スポンサーリンク




スマートフォンやiPhoneで音楽を楽しむ際、FMトランスミッターを使うと便利ですが、雑音が気になることがありますね。

この記事では、FMトランスミッターを使って音楽をクリアに聞くための周波数の調整方法や雑音を減らすコツをご紹介します。

特に、Bluetoothを搭載したFMトランスミッターの設定方法についても触れています。

最近のナビゲーションシステムやDVDプレイヤーにはBluetooth機能がよく備わっていますが、車にBluetoothがなくても、FMトランスミッターを使えば音楽を楽しめます。

雑音が気になる場合は、新しいFMトランスミッターに替えるのも一つの方法です。どのように選べばよいか、この記事で紹介します。

スポンサーリンク

車でスマートフォンの音楽を聴く!FMトランスミッターの最適な周波数設定と雑音除去のコツ

Bluetooth機能がない車でも、FMトランスミッターを使用すれば、スマートフォンやiPhoneからの音楽を車のスピーカーで再生することができます。

FMトランスミッターを使えば、ドライブ中にお気に入りの曲を気軽に楽しむことができるようになります。

この記事では、FMトランスミッターの使い方と、最もクリアな音質を得るための周波数の選び方について説明します。

FMトランスミッターの使い方

FMトランスミッターを使う基本的なステップは、まず装置を車のシガーライターソケットに差し込み、ラジオを指定されたFM周波数に合わせることです。

その後、スマートフォンのBluetoothでトランスミッターに接続します。

設定する際は、FM周波数の選定に特に注意が必要です。

他の放送局と同じ周波数を選んでしまうと、音楽を再生している最中に雑音が入ったり、別の放送が混じったりして、クリアな音質を楽しむことができません。

適切な周波数を見つける際は、他の局との混信を避けるために、空いている周波数帯を探すことが重要です。

雑音や混信を防ぐための最適な周波数の探し方を以下で詳しく紹介します。

車用FMトランスミッターで最良の周波数を見つける方法

車内でFMトランスミッターを活用する際、クリアな音質を得るためには最適な周波数の選定が欠かせません。

地方によって異なるFM放送の周波数を避け、未使用の周波数帯を見つけ出すことが肝心です。

日本ではFM放送が76MHzから90MHzの間で行われていますので、この範囲で空いている周波数を探すことをお勧めします。

一つの方法として、90MHzから始めて0.1MHzずつ下げていくか、76MHzから始めて0.1MHzずつ上げていく方法があります。

放送がなされていない、クリアな周波数帯で設定を試みてください。

総務省から出ている国内のFM放送の周波数順一覧が参考になります。
総務省|放送政策の推進|ワイドFM|全国民放FM局・ワイドFM局一覧

たとえば、89.9MHzは多くの地域で使用されていない周波数として知られており、私も自分の車でこの周波数を使用しています。

この周波数では、ほとんどの地域でFM放送がないため、音楽をクリアに楽しむことができます。

設定完了後は、スマートフォンやiPhoneのBluetoothを使ってFMトランスミッターとペアリングします。

これにより、車内で様々な音楽アプリやYouTubeなどのコンテンツをストリーミングできるようになります。

購入するFMトランスミッターによっては、音質やノイズに問題が生じることがありますが、適切な周波数設定と良質なトランスミッターを選ぶことで、クリアな音楽体験を実現することができます。

スポンサーリンク

車での高品質で音楽を聴くためのFMトランスミッターの選び方ポイント

FMトランスミッターは、車のシガーライターソケットに差し込むだけで、スマートフォンの音楽を車内のスピーカーでワイヤレス再生できる便利なガジェットです。

この手軽で経済的なデバイスは、その便利さから多くのドライバーに愛用されています。

最初は周波数の設定に戸惑い、ノイズに悩まされることもありましたが、適切なFM周波数を見つけ出したことで、これらの問題を克服しました。

これにより、車内での音楽リスニングがより楽しいものになりました。

特に、山間部や高速道路でのドライブ中でも、途切れることなくクリアな音質で音楽を楽しめるようになりました。

音量を上げても音質が損なわれず、ドライブをより楽しむことができます。

特定のデバイスはスマートフォンの充電機能も持ち合わせており、同時に2台のデバイスを充電できます。

これにより、長時間のドライブでもスマートフォンの充電切れを気にすることがなくなりますが、充電にはUSBケーブルが必要です。

FMトランスミッターにはマイクが付いており、運転中でもハンズフリーで通話が可能です。

また、音楽を聴きながらでもスマートフォンのナビを使うことができます。

もしノイズが気になる場合は、FMトランスミッターの交換も考えてみましょう。

選ぶ際には、シガーライターソケットに適合するか、周波数が調整できるか、標準的な12Vの車用電圧に対応しているか、Bluetooth機能の有無、USBでの充電が可能か、ハンズフリー通話ができるかなどを確認するといいでしょう。

購入先を選ぶ際には、例えば楽天市場の売上ランキングなどを参考にすると、満足できる製品を見つけやすくなります。

車内での音楽体験をより良くするためには、これらのポイントを押さえたFMトランスミッターの選び方が大切です。

まとめ

もしカーナビにBluetooth機能がない場合でも、iPhoneの音楽を車内で楽しむ経済的な方法としてFMトランスミッターの使用をお勧めします。

特に、山道や高速道路を走っている時でも、音楽が途切れることなく、品質が低下することなく楽しめます。

iPhoneや他のスマートフォンに保存された音楽を車のスピーカーで再生するには、FMトランスミッターが最適な選択です。

このデバイスは設定が簡単で、周波数の調整やノイズに関する問題も手軽に解決可能です。

FMトランスミッターを選ぶ際は、楽天市場のようなサイトでの売上ランキングやユーザーレビューを参考にすると良いでしょう。

価格が手頃な製品でも、ノイズが音質に影響する場合があるため、購入する前にしっかりと情報を集めることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました