スポンサーリンク





宮ヶ瀬ダムの天気、ライブカメラ、イルミネーション、紅葉、ランチなど

宮ケ瀬ダムのお天気は、ここでチェック

宮ケ瀬ダム周辺のお天気は神奈川県愛甲郡清川村のお天気を参考にすると良いです。ここは観測ポイントもあり、かなりの確率でほぼ同じ天気と考えてよいでしょう。
10月初旬からすでに肌寒いと感じる標高にある宮ケ瀬ダムの天気は、いわゆる山の天気と考えた方が良いでしょう。
晴れていたかと思った矢先に、みるみる雲が広がっていくというのも日常茶飯事です。
※ https://tenki.jp/forecast/3/17/4620/14402/

おでかけ前にお天気を確認することはもちろんですが、いざというときのために晴れていても雨具の用意をお勧めします。
また、街中では暑いくらいと思っても、薄手のパーカーなどの「もう一枚羽織れるもの」も忘れずに持って行った方が後悔しません。

スマホで簡単にピンポイント天気が確認できる昨今ですが、くれぐれも宮ケ瀬ダムが山の上だということを忘れないようにしましょう。

宮ケ瀬ダムのライブカメラはある?

神奈川県にある宮ケ瀬ダムにはライブカメラが設置されています。
宮ケ瀬ダム管理事務所が管理するライブカメラは、定点カメラですが、ダム周辺を網羅するように4か所に設置されています。場所は、宮ケ瀬ダム下流域と上流域に各1箇所ずつと、展望台と水の郷域です。
管理事務所HPから見たい場所のカメラを選択して映像を見るシステムです。
※ http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/livecam/cameraselect/index.htm

もう1つは宮ケ瀬湖のライブカメラです。
こちらは1つのカメラに8か所の方向がプリセットされているタイプで、同時に複数人の人が自由に閲覧できるシステムです。プリセットされている8つの場所は、ジャンボクリスマスツリー、二代目レインボーツリー、大吊橋、高取山、湖畔園地、けやき広場の他、水の郷の大噴水「虹の妖精」とプロムナードの2か所です。
※ http://www.town.kiyokawa.kanagawa.jp/section/livecamera/

いろいろな景色が楽しめますが、同時に他の人がカメラを操作した場合、勝手に映像が切り替わってしまいます。

宮ケ瀬ダムのイルミネーションを見よう

冬の宮ケ瀬ダム周辺は大変な賑わいになります。
それは、イルミネーションが始まるからです。
2018年は11月24日に花火も打ちあがる点灯式があり、12月25日まで毎日17時から22時まで宮ケ瀬湖畔一帯は美しい光に包まれます。

宮ケ瀬の冬のイルミネーションイベントの目玉は、何といっても30m超のモミの木で作られるジャンボツリーです。

宮ケ瀬湖畔園地にある吊り橋やイルミネーションロード、ロードトレインみーや号も光の衣装を着飾ります。
このロードトレイン、通常の乗車賃300円ですがイルミネーション期間のみ、サンタの格好をしていれば無料で乗車できます。
湖畔園地から光のトンネルまでのスターロード、大噴水「虹の妖精」のイルミネーションも素晴らしい情景です。
マイカーで行くなら、この期間だけ駐車料金が1000円かかりますのでご注意を。

宮ケ瀬ダムの紅葉は、いつが見頃?

宮ケ瀬ダムの湖は遊覧船があります。宮ケ瀬湖畔園地から運行されてリ、秋には素晴らしい紅葉を楽しむことができます。

紅葉の見ごろは11月中旬から下旬までの短い期間ですが、短期間に集中する紅葉の様子は絶景そのものです。
宮ケ瀬ダム周辺は絶好のドライブルートもあり、紅葉シーズンは観光客で大変な賑わいを見せます。
11月初旬に色づき始め、あっという間に湖畔を真っ赤に染め上げる木々が、ここは中津渓谷という絶景ポイントだったということを思い出させてくれます。

宮ケ瀬ダムでランチをするなら

宮ケ瀬ダム周辺は有名な観光スポットでもありますので、おしゃれなランチを楽しむことができるお店もたくさんあります。宮ケ瀬ダム水とエネルギー館の近くには、湖を見渡すことができる素敵なカフェがあります。

一番人気は、ダム放流カレーがおすすめの店「レイクサイドカフェ」です。
1日100食限定のダム放流カレーは、カレーと付け合わせ具材がご飯で仕切られていて、ご飯の真ん中を崩すと、カレーが放流される楽しいメニューです。

近くにあるのが、レストラン「白い滝」です。
こちらの人気メニューもダムカレーですが、マスコミにも取り上げられ有名なメニューになりました。
こちらは水とエネルギー館の中にあり、近隣のリゾート旅館みはるが経営しているカフェというよりお食事処です。
少し足を伸ばせばまだまだたくさんおしゃれなお店もありますので、宮ケ瀬ダムの散策もかねて、穴場のお店発見のプチ旅行など計画されてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする