北海道新幹線の予約、時刻表、料金、札幌、停車駅など




2016年3月26日に開業した「北海道新幹線」は、新幹線がそれまでなかった北の大地にである北海道と東京が陸路で最速4時間2分で結ばれるという革命を起こしました。

旅行者にとっても今まで以上に便利に北海道へと行くことが可能となったのです。東京から青森間は既存の「東北新幹線」となりますが、新青森駅から先は北海道鉄道(JR北海道)により運行されており「北海道新幹線」の区間となっています。東京から北海道へ向かう場合、時間差で言えば飛行機の方が早いですが、身体的な理由で飛行機に搭乗できない方や天候に左右されず走れる新幹線が北海道まで連れていってくれるのはとても有難いですね。

北海道新幹線の予約はどこから?

北海道新幹線は途中の新青森駅まで「東北新幹線」と接続して相互直通運転を行っているため、北海道行の車両は「東北・北海道新幹線」の「はやぶさ」となります。そしてこの東北・北海道新幹線の「はやぶさ」に自由席はありません。全て指定席のみとなっているので予約が必要です。

新幹線を利用して北海道へ行く場足、「東京―新函館北斗」の区間か「東京―札幌」の区間のどちらかになりますが、いずれも新函館北斗で下車・乗り換えとなりますので「はやぶさ」にて向かうことには変わりありません。道内に入ってからの「新函館―札幌」間は「スーパー北斗」と呼ばれる特急列車へ乗り換えますが、このスーパー北斗では自由席があり、繁盛記以外は比較的空いているようです。

新幹線予約で最も手軽なのが「みどりの窓口」を利用することです。全国の主要JR駅に設置されており、希望の日時や行先を告げると駅係員の方が候補の列車を挙げてくれるので安心です。(https://shinkansen.tabiris.com/internet.html)または旅行会社やインターネットを使ってJR各社のWebページから申し込みも可能です。

北海道新幹線の時刻表が知りたい

北海道新幹線は1日13往復26本走っています。あまり多い本数とは言えませんが北海道へのアクセスは未だに飛行機で向かう人が多く、あまり運行本数を増やせない状況にあるとも居ます。今後北海道へのアクセスに新幹線を選択する人が更に増えると運行本数が増える可能性はありそうです。

もし時刻表を分かりやすくまとめたもので確認したい場合は、えきから時刻表(http://ekikara.jp/newdata/line/1301011.htm)が便利です。こちらでは新幹線の時刻表と共に最終的に札幌や函館に向かう方にも見やすい、乗り換え後の出発時刻が掲載されていますので、参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

北海道新幹線の料金は?

通常期の東京―新函館北斗間の特急料金(普通指定席料金)は11,130円。これに運賃15,590円と合わせた片道の総額は22,690円となっています。
そして仙台―新函館北斗間の片道総額は17,310円。
最後に新青森―新函館北斗間の片道総額は7,260円です。

詳しい料金が知りたい場合は、最新の情報(https://jr-shinkansen.net/fare-hokkaido.html)を確認するといいでしょう。乗車する車両やクラス、移動区間そして時期によっても料金が変動しますので、窓口やおまとめ情報でご自身にあったプランで確認してみてくださいね。

また北海道新幹線には「グランクラス」と呼ばれる飛行機で言うファーストクラスを設けた車両が「はやぶさ」に1列車のみにあります。
グランクラスは18席限定となっており、サービス内容は軽食(和・洋)付き、ドリンク飲み放題、スリッパなどのアメニティ、そしてJALにも採用されているという本革電動リクライニングシートで快適な旅が出来るものとなっています。
料金は乗車する駅から下車する駅までの移動距離、アテンドサービス有・無の選択によって異なるのですが、東京~新函館北斗間であれば3万~4万円のサービスになりそうです。

北海道新幹線、札幌にはいける?

北海道で一番栄えている場所として有名な「札幌」。
現在は北海道新幹線は札幌まで開通しておらず新幹線のみで行くことは出来ません(2018.11)。北海道新幹線を利用して東京から向かう場合ですが、東京~新函館北斗は「はやぶさ」で、新函館北斗~札幌が特急列車「スーパー北斗」を利用して移動することになります。

北海道新幹線は2030年度末に予定されている冬季オリンピック・パラリンピックに向けて札幌開業を目指しています。現段階のルートでは新函館北斗駅までしか開通しておらず、北海道の主要都市である札幌まで新幹線で行くことが出来るようになれば「北海道の空の玄関口」である新千歳空港へのアクセスもグッと良くなりそうです。

北海道新幹線、停車駅はどこ?

北海道新幹線は、新青森駅から新函館北斗を結ぶ路線でありJR北海道により運行されています。
北海道新幹線の列車種別は「はやぶさ」と「はやて」となり、東京・仙台~新函館北斗を結ぶのが「はやぶさ」。盛岡・新青森~新函館北斗の区間が「はやて」となります。(https://jr-shinkansen.net/hokkaido.html)

東京から乗車する場合は「はやぶさ」一択となりますね。JR新幹線ネットではこれらの「はやぶさ」「はやて」の停車駅リストが掲載されていますので、参考にしてみて下さいね。
JR北海道は東京から新函館北斗まで「最速4時間2分」と謳っていますが、この時間は停車駅が5駅の場合です。利用する新幹線によっては11駅停車するため、4時間半ほどかかりますので、どのタイプの新幹線に乗るのかによって到着時刻が変わってきますのでご注意下さいね。

タイトルとURLをコピーしました