スポンサーリンク





長野の紅葉、見頃、おすすめ、穴場、温泉、ドライブなど

長野の紅葉、見頃はいつ?

日本といえば、四季がある国といわれていますが、あまりに当たり前のことで、子供の頃は意識することが少ないでしょう。しかし大人になり、色々なものを見て、見識も深くなればなるほど、四季の美しさに魅了されることが増えてくるのではないでしょうか?四季の美しさを身近に体験できるのは日本人の特権といえますよね。

季節は秋。日本の秋と言えば紅葉が浮かぶ方も多いのではないでしょうか?
日本の紅葉はとても有名であり、外国からも有名な紅葉スポット目当てで来日されている方も多いです。今回は長野県の紅葉スポットと三か所とその見頃を紹介します。

村草峠と白駒池(むらくさとうげとしらこまいけ)
紅葉の見頃:9月下旬~10月下旬
千畳敷カール・中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ(せんじょうじきか-るちゅうおうあるぷすこまがたけろーぷうぇい)
紅葉の見頃:9月下旬~10月中旬
上高地(かみこうち)
紅葉の見頃:10月上旬~10月下旬

この三か所はどれも長野の有名な紅葉スポットであるので、秋の長野を堪能するならとてもオススメですよ。

長野の紅葉、おすすめは?

長野県には有名な紅葉スポットが多数あります。今回は紅葉を見るのに特におすすめの場所として上高地(かみこうち)を紹介します。

上高地とは、長野県西部の松本市、中部山岳国立公園の一部であり、北アルプスの玄関口でもあります。
一年を通して多くの人が訪れる言わずと知れた人気の観光地ですが、国の文化財にも指定されていることは意外と知られていません。梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰はまさに絶景!そんな景色の美しさから、「特別名勝」「特別天然記念物」に指定された日本の中でもとても貴重な場所なんですね。

そんな上高地の紅葉は10月上旬頃から色づき始め、見頃は例年10月上旬から下旬とされています(その年の気温によっては一週間ほど前後することもある)。11月上旬でも紅葉が残っていることもあるが、やはり上高地に紅葉を見に行くなら10月がベストな時期といえるでしょう。

長野の紅葉、穴場スポットといえば?

長野の数ある紅葉の名所の中でも穴場的なスポットといえば、長野県小諸市にある「懐古園」です。

見頃は10月下旬~11月中旬になります。
懐古園とは、長野県小諸市にあり、小諸城址に残る「三の門」や苔むした野面石積の石垣、樹齢500年といわれるケヤキの大樹の中、四季折々の風情が楽しめる公園です。
小諸城は豊臣秀吉天下統一のときに小諸城主となった仙石秀久により完成された城であり、城下町より低い位置に城を築いた「穴城」は全国でも珍しく、日本百名城にも選出されています。「大手門」や野面石積みの石垣は400年前のまま用事の姿で残されています。園内には国の重要文化財「三の門」や藤村記念館をはじめ小山敬三美術館、郷土博物館、動物園、遊園地など買うぞ奥野文化施設が置かれており、多くの観光客に愛されているんですね。秋にはモミジやカエデなどの紅葉と苔むした石垣とのコントラストが素晴らしいです。

長野で紅葉と温泉を堪能したい

美しい四季のある国である日本に生まれた我々にとっての秋の大きな楽しみといえば、やはり紅葉ですよね。秋に休暇をとって紅葉を見に行く方も多いのではないでしょうか?泊まりで紅葉を見に行くなら温泉がオススメです。温泉につかりながら紅葉を見ることができたら、それは秋にだけ楽しめる小さな幸せではないでしょうか?

ここでは長野の紅葉&温泉を堪能できるオススメの旅館を紹介します。

信州・白骨の名湯 泡の湯
住所:〒390-1515 長野県松本市安雲曇4181(白骨温泉)
TEL:0263-93-2101

「白骨の名湯 泡の湯」は、その山々の中にひっそりと佇む全20室の小さな旅館です。明治45年創業以来、当時のままの温泉風情が漂う本館は、初めて訪れた人にも懐かしさを感じさせてくれる趣があります。

この宿での一番の紅葉スポットは乳白色のお湯をたっぷりと蓄えた大露天風呂。白骨温泉随一の湯量と広さを誇るこの温泉は、湯浴用バスタオルを着用して混浴で楽しむことができます。紅葉した山々の中で、赤や黄色に色づいた木々に囲まれて乳白色のお湯につかれば、露天風呂の醍醐味を堪能できること間違いなしです!また標高が高いので、初雪のタイミング次第では、雪化粧と紅葉の両方に出会える可能性もあるんですね。

長野で紅葉とドライブを堪能したい

長野で紅葉を見るなら車で訪れる方も多いでしょ。そんな方々にオススメのドライブコースを紹介します。

ドライブモデルコース
雲湯池→(車で10分)→②村民食道→(車で5分)→③セゾン現代美術館→(車で25分)→④軽井沢おもちゃ王国

①雲湯池
雲湯池は、軽井沢屈指の紅葉の名所であり、何と言っても水の上へ身を乗り出すように伸びた木々が緋色に染まり、それが水面に映し出される様子は格別です。紅葉の見頃は10月中旬~11月下旬。滞在時間の目安は1時間ほど。

②村民食道
信州らしい食事がウリのカジュアルダイニング。松本の郷土料理である投じ蕎麦、信州味噌を使った煮込みハンバーグなどのメニューが人気。予算はランチであれば2000円~3000円ほど。

③セゾン現代美術館
名だたる現代美術家たちの作品を紹介。庭園では数々の野外彫刻とともに浅間山の遠景や四季折々の草花を楽しめます。

④軽井沢おもちゃ王国
特に人気なのは観覧車。モミジ、ナナカマド、カラマツなどが色鮮やかに染まっている光景を上空から眺められるのは素直に感動してしまうでしょう。目安の滞在時間は1時間ほど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする