Windowsショートカットキー/拡大縮小、使える操作を他紹介!




あなたはWindowには画面拡大縮小などの
便利なショートカットキーを使っていらっしゃいますか?

色々なショートカットキーがあるため
覚えるのが大変かもしれませんが、
その中から使用頻度が高い操作を使いこなすことで
パソコンでの作業が非常に効率よくなります。

ちなみに画面拡大縮小のショートカットキーは以下の通りです。

  • 拡大:「Ctrl」+「+」
  • 縮小:「Ctrl」+「-」

そんなWindowsでの作業効率化を図れる
個人的におすすめのショートカットキーを紹介します。

Windows覚えておきたい重要なショートカットキー

windows_ショートカット_縮小1
以下は覚えておきたい重要なショートカットキーを紹介します。

「Windows」

「Windows」キーは
キーボードの左下にあるWindowsマークのキーです。

単独でキーを押すとメニューが表示されます。

また他のキーとの組み合わせで
様々なショートカットキーとしての役割を果たします。

「Ctrl」+「s」

「Ctrl」+「s」は
ファイルを上書き保存するショートカットキーです。

ファイルを編集したらすぐに
「Ctrl」+「s」キーを押す習慣をつけると
間違えて編集したWord文書など、
保存しないまま閉じてしまうというトラブルを防ぐ事が出来ます。

「Ctrl」+「c」、「Ctrl」+「x」、「Ctrl」+「v」

「Ctrl」+「c」はコピー、
「Ctrl」+「x」は切り取り、
「Ctrl」+「v」は貼り付け(ペースト)です。

いわゆるコピペですね。

マウスでコピペを行うのは
非常に手間ですので使用頻度がかなり高いと思います。

「Ctrl」+「z」と 「Shift」+「Ctrl」+「z」

「Ctrl」+「z」は操作を元に戻す、
「Shift」+「Ctrl」+「z」は「Ctrl」+「z」を取り消すキーです。

文字入力などの操作を間違えた時、
元に戻してくれますので頻繁に使用すると思います。

「Ctrl」+「a」

「Ctrl」+「a」はすべての内容を選択するボタンです。

文書全体のコピーやファイルの一括削除など
使用頻度が多いショートカットキーです。

Windows覚えると便利なショートカットキー

windows_ショートカット_縮小2
ここからは必須ではないですが
覚えると便利なショートカットキーを紹介します。

「Ctrl」+「N」

「Ctrl」+「N」は
現在開いているウィンドウを
もう一つ新規ウィンドウで開くキーです。

別フォルダにファイルを移動するときに便利ですね。

「Alt」+「F4」

「Alt」+「F4」はウィンドウを閉じるキーです。

画面上にウィンドウがない場合は
シャットダウン選択画面が表示されます。

トラブルでマウス操作が出来なくなったとき、
ウィンドウを閉じたりシャットダウンしたりするのに便利です。

「F7」

「F7」は文字をカタカナに変換してくれるキーです。

通常のカタカナ変換は意外と手間ですので覚えておくと便利です。

他のファンクションキー(頭にFがついているキー)も
色々な文字変換が出来ますので試してみてはいかがでしょうか。

「Shift」+「Delete」

「Shift」+「Delete」は
ファイルをゴミ箱に移さずに完全に削除するキーです。

ゴミ箱に移すのが手間だという方にお勧めです。

ファイルをクリックして
「Shift」+「Delete」を押すとファイルを完全に削除できます。

スポンサードリンク

「Windows」+「Shift」+「s」

「Windows」+「Shift」+「s」は
Windows10からの機能で、
指定した範囲でのスクリーンショットを撮影します。

スクリーンショットとは
現在Windowsで表示されている画面を保存する機能です。

保存したスクリーンショットはWordやExcelなど
画像を張り付けられる様々なソフトで使う事が出来ます。

「PrintScreen」キーでは
画面一杯のスクリーンショットの撮影を行うため、
そのあと必要な箇所だけトリミングを行うなど手間がかかります。

指定した範囲のスクリーンショット撮影は何かと便利ですね。

「Ctrl」+「Alt」+ 「Delete」

「Ctrl」+「Alt」+ 「Delete」は
タスクマネージャーを表示するキーです。

タスクマネージャーとは
現在のパソコンのパフォーマンスや
起動中のソフトの状態などを確認したりする機能です。

パソコンのトラブルが起きた時に重宝します。

「Ctrl」+「Shift」+「Esc」

「Ctrl」+「Shift」+「Esc」は
タスクマネージャーを表示するキーです。

タスクマネージャーといえば
「Ctrl」+「Alt」+ 「Delete」を紹介しているサイトが多いです。

しかし…、
メニュー画面を表示してから
タスクマネージャーを選択するのでちょっと手間です。

「Ctrl」+「Shift」+「Esc」は
直接タスクマネージャーを表示する事が出来ます。

パソコンのパフォーマンスをすぐに確認したいときに便利です。

Excelのショートカットキー

windows_ショートカット_縮小3
ここからはOffice Excel(エクセル)の
覚えると便利なショートカットキーを紹介します。

Excelは複雑な操作が多いためショートカットキーもたくさんあります。
とりあえず特に便利なショートカットキー2つをピックアップします。

「Ctrl」+「1」

「Ctrl」+「1」は選択中のセルの書式設定を行います。
個人的にExcelで最も使用頻度の高いショートカットキーです。

セルに罫線を引いたり中央揃えにしたりと、
いちいちアイコンをクリックして
書式設定を行うのは手間ですが、
「Ctrl」+「1」でまとめて設定を行う事が出来ます。

「F4」

「F4」はExcelでは二つの機能があります。

一つ目は直前に行った作業を繰り返す機能です。

例えばセルの書式設定で
「罫線を引く」「太字にする」「文字色を変える」など
複数の設定を行っても、
別のセルで「F4」キーを押すだけで
直前に行った複数のセルの書式設定が適用されます。

二つ目の機能は数式を入力中に
「F4」キーを押すことで、
絶対参照と相対参照の切り替えを行う事が出来ます。

「F4」キーの切り替えの順番は以下の通りです。
「絶対参照」→ 行の「絶対参照」(復号参照)
→列の「絶対参照」(復号参照)→ 「相対参照」

ちなみに「絶対参照」「相対参照」とは
Excelで数式をコピーしたときに
「絶対参照」はセル番号を固定し、
「相対参照」は位置関係に合わせて
セル番号を変動させる機能です。

復号参照は数式をコピーしたときに
セルの行番号または列番号のみを固定する機能です。

「Ctrl」+「;」と「Ctrl」+「:」

「Ctrl」+「;」は日付を入力、
「Ctrl」+「:」は時刻を入力するショートカットキーです。

日付や時刻を手入力するのは手間ですので
ショートカットキーを覚えておくと便利ですね。

まとめ

現在はテレワークの普及などにより、
パソコンで業務を行う事が必須の状態です。

今回は個人的に使用頻度が高かった
ショートカットキーをピックアップしましたが、
その他にもまだまだたくさんのショートカットキーがあります。

自分なりに使用頻度が高そうな
ショートカットキーを覚えて作業効率を上げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました