2030年冬季オリンピックの候補地はどこ?いつ決まる?日本は候補?反対は?

スポンサーリンク




2022年4月現在、以下の都市が
2030年冬季オリンピック開催に
立候補を検討しています。

  • カナダ ・・・ バンクーバー
  • アメリカ ・・・ ソルトレイクシティ
  • スペイン ・・・ バルセロナ・ピレネー 及び カタリューニャ・アラゴン
  • ウクライナ ・・・ リヴィウ
  • カザフスタン ・・・ アルマトイ
  • ドイツ ・・・ シュマルカルデン
  • フランス ・・・ サヴォイ
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ ・・・ サラエボ

次回のオリンピックがどこになるのか、
今から楽しみですね^^

さて今回は日本も候補地に挙がっているのか、
そして、開催地の決め方や日本の反応などを見ていきます。

スポンサーリンク

2030年冬季オリンピックの候補地はどこ?日本は候補に挙がっている?

日本では、
1972年に冬季オリンピックが開催された
札幌市が再び立候補を予定しております。

もし決定すれば58年ぶりの開催となりますね。

札幌は過去1984年にも
2度目のオリンピック招致を図っていましたが敗退。
同年は当時ユーゴスラビアのサラエボで開催されました。

そして2026年の
冬季オリンピック招致を目指したものの、
北海道新幹線の札幌延伸事業や
北海道担振東部地震による被害など諸事情により断念。

あらためて2030年の開催招致を目指しています。

2022年は北京で開催された冬季オリンピック、
アスリートたちの戦いに
寒い時期の日本も熱い気持ちにしてくれましたよね。

なお次回2026年のオリンピック開催地は、
イタリアはミラノ・コルティナダンペッツォとなっています。

2022年4月時点では
2030年開催地の決定はしておりませんが、
その決定はいつどこで行われるのでしょうか?

スポンサーリンク

2030年冬季オリンピックの開催地はいつどこで決まるの?

2030年開催の冬季オリンピック開催地は、
2023年インドのムンバイで開催を予定している
第140次IOC(国際オリンピック委員会)総会で決定される予定
です。

オリンピック候補地の決め方

いつの間にかテレビで各開催地の
決定報道を目にすることが多く感じますが、
IOC総会は1年に1〜2回定期総会を開催しています。

そして夏季・冬季オリンピックの開催地は
その開催年の7年前に、
開催立候補国以外の場所で決定
することとなっています。

決定はIOC委員115名の投票で決定、
過半数を獲得した都市が栄えある開催地となります。

1回で決まらなかった場合は
最下位の候補地を落選させ、
残った候補地で再投票。

過半数が出るまで落選と投票を繰り返すそうです。

2020年夏季オリンピック招致時の2013年、
日本は国を挙げて様々なプロモーションを
実施していたのは記憶に新しいですが、
毎回数多くの候補地が出る中で残ることは
並大抵のことではないでしょう。

今回の札幌も前述の通りライバルが多く、
すでに開催を経験した場所から初候補の場所と様々です。

ただ日本国民としては、
自国開催を強く望むところですが
札幌での開催や反対の声が
少なからずあることも否定できない事実です。

札幌オリンピック2030年の開催への反対・懸念の声も。

オリンピックは世界各国から
選手・観客と多数の訪問者が訪れること、
世界中の人が報道を通じ
その場所を目にすることからも
開催地の特徴を世界にアピールするには
絶好の機会と言えます。

しかし、開催に伴い施設の整備、
新設といった莫大な負担がかかることもまた事実。

また一度作ったものは管理が必要。

オリンピック終了後の維持・管理については
その開催場所の自治体が
事実上負担しなければならないという面も持っています。

場所の整備、施設の建設から終了後の維持管理。

全額ではありませんが、費用の負担は
その自治体の税金が使われることもあり、
税金の無駄遣いであると感じる方も少なくありません。

実際、立候補は見送りとなりましたが
2026年の大会招致を目指した2014年、
札幌市民1万人を対象としたアンケート調査では
反対の声が2割ほどという結果となっていました。

また2020年東京オリンピックでは
終了後に経費を精査した結果、
1兆円を超えてしまったことが判明しています。

これは招致以前に見込まれていた
経費の約2倍となっており、
このような結果もオリンピック招致に対して
懸念の声が上がっている原因の一つと言えるでしょう。

まとめ

今回は2030年のオリンピック各国、日本の候補地についてみていきました。

  • 2022年4月現在は8か国と日本が立候補。
  • 2030年冬季オリンピック開催地は、2023年インドのムンバイ第140次IOC総会にて決定を予定。
  • 日本の立候補地は札幌だが反対の声も懸念される。

オリンピックの負の面として取り沙汰される経費面。

決して無視できない要因ですが
世界中の注目関心を集める都市となることもまた事実。

特に2020年に世界中を襲った流行病の影響で
様々な職業の方々が苦戦しました。

明るい未来を見出せない中、
オリンピック招致は大きな希望、
明るい話題となることもまた事実だと言えます。

アスリート・観客ともに
スポーツを通じて心を震わせられる。

これこそがオリンピック開催の
最大の意義ではないでしょうか。

そのためにも運営をうまく行い、
誰もが満足できるような場を提供することこそが
立候補地の義務ではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました