結婚式の服装/男性のスーツ、ネクタイ、靴、かばんのNG・マナー




結婚式のマナー。
意外と気を付けるところが多いので注意が必要です。

特に困るのが服装。
女性の方は、マナーに細心の注意を払っている印象が強いですが、男性にも服装のマナーはあります。

スーツやネクタイ、靴、かばんなどそれぞれ気を遣うべきところがあります。

ここでは、結婚式での男性の服装マナーについて、押さえるべきポイントを解説していきます。

結婚式の服装!男性もスーツやネクタイ、靴のNGに気を付けよう

結婚式服装男1
男性ゲストの場合は、結婚式の服装と言えば、大抵の場合スーツで参加するでしょう。

スーツを着ておけば間違いはない!と、思われかもしれません。

が、そのスーツにも、NGスーツがあります。
スーツと一言でいっても、結婚式では、結婚式のマナーやコーディネートがあります。

NG例をご紹介していきます。

結婚式、男性スーツNG例

・白スーツ
女性が白いドレスがNGのように男性でも白いスーツはNGです。
理由は女性場合と同じで新郎が白いスーツを着るからです。

このあたりは、感覚的にダメだなと感じている部分かもしれません。

・全身黒づくめ
一番NGケースは、黒スーツに黒ネクタイです。
お葬式をイメージしてしまいますね…。

ちなみに黒スーツは冠婚葬祭用にもあるようです。
しかし、全身黒だと少し暗くなりすぎになってしまいます。

この暗さを明るくするために、ネクタイを白にして華やかな印象にしたり、ポケットチーフなどのアクセサリーをつけるようにしましょう。

結婚式は晴れやかな場ですし、このようなちょっとしたオシャレはとても大切な心遣いです。

・派手すぎる服装
この派手過ぎる服装というのは個人で線引きが難しいかもしれません。

しかし基本的には、結婚式で派手すぎる衣装もNGです。
色付き柄物のスーツでしたり、ベルトもデカデカとしたバックルのものは避けましょう。

特に目につきやすいネクタイも派手な柄は避けたほうが良いです。

・アニマル柄はNG
スーツはもちろん、それ以外のチーフやネクタイなどに対してもアニマル柄はNGです。

理由はハレの場で、殺生をイメージして縁起が悪いとされるからです。
ちなみに同様の理由で女性もファーなどはNGです。

アニマル柄は身につけないように気を付けましょう。

これらは服装のマナーですが、結婚式で履いていくネクタイや靴にもマナーがありますので紹介していきます。

結婚式、男性ネクタイNG例

・黒ネクタイ
黒ネクタイはどうしてもお葬式を連想させてしまいます。
もっともNGなので、黒ネクタイは身に着けないようにしましょう。

スポンサードリンク

・アニマル柄
アニマル柄は、スーツ編でもご紹介しましたが、殺生をイメージさせます。

・派手過ぎる・奇抜な色、柄/キャラもの
派手過ぎたり奇抜な色や柄のネクタイはNGです。
というのも、結婚式は基本的に新郎新婦がメインの場です。

そのため、新郎新婦より目立つ意味合いを示してしまうことは、失礼にあたるので気を付けましょう。
同じ理由で、キャラものも出来るだけ避けるべき柄です。

迷ったら基本的には、シルバー無地のネクタイを身につけましょう。

シルバーのネクタイであれば、白に近いシルバーやゴールドに近いシルバーなど、意外とレパートリーがあります。また柄についても、ストライプ柄やドット柄などのアクセントはあっても大丈夫です。

シルバーでも色々な変化を付けられるので、さりげないオシャレにはもってこいなのでおすすめです。

結婚式、男性の靴NG例

靴の場合は、基本的に紐付きの華美ではない革靴です。

靴でもワニ皮であったり、派手なもの、もちろんスニーカーのようなカジュアルすぎないものを履くようにしましょう。

結婚式のかばん。男性は必要?向いているかばんやマナーは?

結婚式服装男2
続いて男性の持ち物です。
基本的には貴重品などは身につけておいて、手ぶらで参加するのが多いような印象です。

手ぶらと言っても、持っておいた方がいいものとして、財布、ケータイ、カメラなどがありますが、よほど大きいものはホテルに預けることが大半です。

しかし、他にも細々とした物を持って行く必要があったりすると、男性でもバッグがあると何かと便利でもあります。

そのバッグですが…、スーツやネクタイ、靴と同様に男性のバッグにもマナーはあります。

結婚式、男性のバッグのNG例

男性の場合は、カジュアルすぎるリュックだったり、ビジネスバッグがNGとされています。

持っていくバックとして、オススメなのはクラッチバッグです。
クラッチバッグは、おしゃれなバッグとしても使えるので普段から取り入れている人も多いかもしれません。

クラッチバッグはフォーマルな場でもマッチしやすいですし、スーツに合わせて選ぶとオシャレ度もアップするアイテムです。

どんなバッグで行けばいいか悩んだ場合は、クラッチバックを利用してみてください。

ただし、クラッチバッグを置き忘れることが多いので、注意しましょう笑

まとめ

結婚式は、女性や男性問わず、多くのマナーがあります。

最も無難に済ませたい場合は、

  • 冠婚葬祭のスーツ
  • 白ネクタイ
  • 革靴

を履けば問題はありません。

ちょっと無難はダサいかもなぁ…と思う気持ちがあれば、オシャレもマナーを守れば問題ありません。
オシャレに決められたら、カッコよくみられる確率もアップするでしょう…。笑

チーフや時計、ベルト、靴、鞄etc…。
さりげない小物でもオシャレに着こなすことはできます。

無難に飽きたという方は、NGに気を付けながらぜひ挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました